二十四節気

立冬”間近なので
二十四節気”をまとめてみる

まずはざっくり簡単に(^_^;)
参考にしているのは“漢方スクール”のテキストより📝


二十四節気
節分を基準に一年を24等分した季節の暦(本当にざっくりσ(^_^;))


立春・りっしゅん”…(正月節)
2月4日ごろ
立春から立夏の前日までが春
日が徐々に長くなり、気温が上昇する


“雨水・うすい”…(正月中)
2月19日ごろ
雪が雨に変わり、積雪や氷も溶けはじめる
春一番が吹くころ


啓蟄・けいちつ”…(二月節)
3月6日ごろ
冬眠していた動物や虫たちが目覚め穴から出てくるころ


春分・しゅんぶん”…(二月中)
3月21日ごろ
昼と夜の長さがほぼ同じになるころ
この日の前後7日が春の彼岸


“晴明・せいめい”…(三月節)
4月5日ごろ
すべてが生き生きとし、清くて明るい空気が満ちるころ
百花が咲きほこるころ


穀雨・こくう”…(三月中)
4月20日ごろ
田や畑の準備が整い、やわらかな春雨が降るころ



立夏りっか”…(四月節)
5月6日ごろ
立夏から立秋の前日までが夏
新緑が美しく、陽射しに夏の気配を感じるころ


小満・しょうまん”…(四月中)
5月21日ごろ
草木が成長しはじめるころ
陽気が強くなり、天地に道はじめる


芒種・ぼうしゅ”…(五月節)
6月6日ごろ
稲の穂先のように先端に芒(のぎ)のある穀類の種を蒔くころ


夏至・げし”…(五月中)
6月21日ごろ
一年で一番昼が長い日
日本ではちょうど梅雨どき

小暑・しょうしょ”…(六月節)
7月7日ごろ
本格的な暑さが始まり、梅雨が開けるころ


大暑・たいしょ”…(六月中)
7月23日ごろ
一年で最も暑い次期
夏の土用のころ



立秋・りっしゅう”…(七月節)
8月8日ごろ
立秋から立冬の前日までが秋
日本では暑さのピーク


処暑・しょしょ”…(七月中)
8月23日ごろ
暑さが落ち着き、朝夕は涼風が吹くころ


“白露・はくろ”…(八月節)
9月8日ごろ
秋が本格的に始まり、草花に朝露がつくころ


秋分・しゅうぶん”…(八月中)
9月23日ごろ
昼と夜の長さがほぼ同じ


寒露・かんろ”…(九月節)
10月8日ごろ
秋が深まり、草花に朝露がつくころ
菊の花が咲き始め、紅葉の準備がはじまる


霜降・そうこう”…(九月中)
10月23日ごろ
枯れ草が目立ちはじめ、山の方では霜が降りはじめる



立冬・りっとう”…(十月節)
11月7日ごろ
立冬から立春の前日までが冬
日が短くなりはじめ、冷たい雨が降る

https://bbnaru.hatenablog.com/entry/2018/11/07/170802


小雪・しょうせつ”…(十月中)
11月22日ごろ
陽射しが弱まり、冷え込みが厳しくなるころ
木々の葉が落ち、初雪が降る


“大雪・たいせつ”…(十一月節)
12月7日ごろ
雪が降り積もるようになるころ
霜や氷がはりはじめる


冬至・とうじ”…(十一月中)
12月22日ごろ
一年で一番夜が長い日
日がのびはじめることから“一陽来復”の日と言われる


小寒・しょうかん”…(十二月節)
1月5日ごろ
“寒の入り”、寒さも本番
小寒から節分・立春までが“寒”


大寒だいかん”…(十二月中)
1月20日ごろ
一年で最も寒さが厳しいころ
陽射しに暖かさを感じはじめる



立冬前にまとめてアップするつもりが
当日になってしまった💦💦けれど
なんとか間に合う

外気を感じる度に
毛穴がしまる感じがする

冬がはじまる………


f:id:bbnaru:20181107135527j:plain